男性

見直しが進む現状

ヘルメット

産廃の処理は長い歴史をたどった上で、大きく変化しています。特に細かく処理する方法である破砕処理は運搬するのがラクになったりリサイクルしやすくなったりしたことにより見直しが進んでいます、

Read More...

処分を依頼する方法

粗大ごみ

産業廃棄物の処理を埼玉で依頼する場合は、業者への依頼が必須です。通常廃棄とは異なるので、処分を依頼する場合はISO取得会社など安心してお任せできるところを選ぶことが重要です。

Read More...

廃棄の知識

廃品

混合廃棄物と聞けば少し聞きなじみが薄い言葉になるかと思います。一般的な家庭ごみと違い、混合廃棄物というプラスチック類やゴム、金属等の素材が分別できないものを言います。言ってみれば産業廃棄物みたいなものかもしれません。ただ、産業廃棄物と違う点はゴミは商品として出来あがっているものではなく、商品に成し得ない状態の物である事です。どの商品も色んな生産工程を経て商品として出来あがって行きますが、その生産工程内で発生する生産不備な製品、加工時に発生する不要箇所材など、生産で出て来るゴミというのはほぼ混合廃棄物と言えます。一般分別ごみとは違い回収も事前に申告が必要ですし、予めどういたった素材なのかも言っておく必要があります。

グループ会社の工場現場では糸を使った縫製品を始め、プラスチック成型商品、金属パーツ、その他科学繊維の材料など多くの材料を取り扱っています。これらの商品をミシン機で縫製したり、ウェルダー機という溶着機械を用いて材料を接着したり、またプレス機を用いて金属パーツを打ち込む工程等商品を作る工程は色々あるものの、各工程内でも色々混合廃棄物が発生する事が多いです。当然会社ですので出来あがった商品が長年倉庫に留まり続ける事もあり、産業廃棄物として処理する事もあります。産業廃棄物も混合廃棄物も元を辿れば同じ材料で、同じ形成条件で出来た廃棄物とも言えます。最近ではこういった廃棄物の管理も厳しくなり当然無断でする事は出来ませんが、廃棄するのに費用がかかる事も理解しておく必要があります。

選別の価格

不用品

産廃選別を行う上で専用の機材が使用されます。使用される機材や選別を行う場所の広さ、選別する量等によって価格は変わってきます。また、運搬が大変な場合はベルトコンベアー等専用に機械 も利用されます。

Read More...

Copyright ©2016 産廃処理の基礎知識│混合廃棄物や瓦礫はリサイクル可能な原材料 All Rights Reserved.