2人の男性

処分を依頼する方法

粗大ごみ

産業廃棄物というのは通称廃棄物といいますが、製造業などの鉄屑やプラスチック、通常のごみ、木材などを総称してまとめられています。このように廃棄物には特定産業廃棄物という有機溶剤や毒物系の廃棄物となっており、通常の廃棄物とは異なるため有資格者がいなければ処分できないようになっています。廃棄物の処分方法としては廃棄物専門業者に任せるという方法になります。中小企業でいくと定期的に箱に入れた廃棄物を業者に任せて取りに来てもらいます。埼玉の大企業等の工場で行くと、専用の廃棄箱があり、週に一度もしくは一か月に一度の間隔で業者に取りに来てもらうことで処分できるようになります。処分後はどれぐらいの重量、返金の確認を行うようになります。

埼玉で行なわれる産業廃棄物の処分自体は業者にお任せすることになりますが、専門業者は様々な種類があります。その中でも混合廃棄物を取り扱わない業者もあります。混合廃棄物というのは、廃棄物となる製品が固まって取れない製品になっているものになります。この混合廃棄物を処分するのが難しいため、単体の廃棄物のみ取り扱っている企業もあります。通常廃棄物というのは製品単体として処分していくのですが、混合廃棄物の場合はその廃棄物を一度ばらして処分するという手間がかかります。そのため、埼玉でも取り扱わない企業があり、定められた機関でなければなりません。処分をお願いする際に形状や大きさ、重量などを伝えた上で処分してもらい、申請書をきちんと提出してISOを取得している埼玉の企業にとっては必要になりますのできちんとしておくことをオススメします。

Copyright ©2016 産廃処理の基礎知識│混合廃棄物や瓦礫はリサイクル可能な原材料 All Rights Reserved.